STEP1 経営状況・経営課題の​把握(見える化)

​まずは自社がどのような状況かを把握する必要があります。当該状況を経営者自身が第三者の目を介して認識する事が全てのスタートです。後継者が継ぎたくなるような会社なのか、承継時の課題は何かを把握し共有します。事業承継の行方にかかわらず、今後の経営に必要な情報が得られることでしょう。

​経営状況の整理

​対話の実施
ローカルベンチマークを用いた経営者ヒアリングにより、自社の客観的な評価をします。当該評価は経営者と我々により共有され、今後の計画遂行の要になります。

​事業承継課題の抽出

​(予備調査の実施)

​事業状況の把握
​SWOT分析による、事業の強味や弱みを把握し、自社のコアを共有するとともに業務プロセスを調査することにより今後の課題を洗い出します。
経営者の状況の把握
​経営者と会社の取引や賃借、経営者保証の有無等、会社と個人の関係を明確化させます。また株式の集約・分散状況を把握します。
​財務情報の把握
​会計処理や決算書の作成方法を確認し財務会計(中小企業の会計に関する指針)と税務会計の差異を把握します。
​後継者

STEP2 事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)

​経営状況の整理

​管理会計の整備
財務会計の整備
​事業計画の策定
財務リストラクチャリング
​商品、顧客単位での採算管理を行い会計責任者を置きます。収益を生むのに過不足のないコストかを常に検討するPDCA体制を構築します。これにより注力すべき事業か撤退を検討すべき事業か等の情報が可視化されます。
​適正な経営成績の報告を行うため財務会計による会計処理を導入します。
​今後の事業継続に必要な投資計画、人員計画を作成し、それぞれに必要な資金計画及び調達方法を策定します。
不要資産を処分し、​借入金の返済に充てます。また最低運転資本金や直近の投資に必要な資金を超過する余剰資金についても借入の返済に充当します。
不要資産や、不採算事業の撤退を行い、新規有望事業への投資や資金調達を実施します。

STEP1 事業承継計画の策定

​まずは自社がどのような状況かを把握する必要があります。当該状況を経営者自身が第三者の目を介して認識する事が全てのスタートです。後継者が継ぎたくなるような会社なのか、承継時の課題は何かを把握し共有します。事業承継の行方にかかわらず、今後の経営に必要な情報が得られることでしょう。

​親族内承継

承継計画の策定
ローカルベンチマークを用いた経営者ヒアリングにより、自社の客観的な評価をします。当該評価は経営者と我々により共有され、今後の計画遂行の要になります。

​事業承継課題の抽出

​(予備調査の実施)

​事業状況の把握
​SWOT分析による、事業の強味や弱みを把握し、自社のコアを共有するとともに業務プロセスを調査することにより今後の課題を洗い出します。
​財務情報の把握
​後継者
経営者の状況の把握
​経営者と会社の取引や賃借、経営者保証の有無等、会社と個人の関係を明確化させます。また株式の集約・分散状況を把握します。
​会計処理や決算書の作成方法を確認し財務会計(中小企業の会計に関する指針)と税務会計の差異を把握します。