料金表

​お客様の課題解決の沿った提案をさせて頂きます。おおむねは下記の料金体系ですが、個々の相談内容により見積をさせて頂きます。
相談、お見積りは無料で承りますので、どうぞご気楽に相談ください。
メニュー
サービス内容
料金
プレM&A予備調査

現状における売り手企業の株主構成、業務フロー、管理会計、財務状況等を調査し報告書を作成します。 当該報告書を用いて 

・事業承継を行わない場合  
 書記載内容をもとに、経営改善(磨き上げ)計画を作成します。
 
・親族内承継の場合  
 書記載内容をもとに、磨き上げを含む承継計画を作成します。

第三者承継(M&A)の場合  
 報告書記載内容をものとに、簡易株価の算定及びIM(インフォメーションメモランダ 
 ム)作成し売り手に打診を行います。   

特に第三者承継の場合には会社の経営管理の状況は譲渡価額に大きな影響を与えますので、状況如何により経営改善にシフトする事をお勧めします。 事業承継は親族内外であれ、会社の価額を決める必要があります。当該譲渡価額の値決は財務会計の文法が用いられるため、経営改善も財務会計の文法の沿って実施する必要があります。多数の財務会計監査、株式上場コンサルを通じた財務会計のプロである公認会計士がシビアに調査を実施します。

30万(税抜)~(売り手の規模、業務の複雑性により個別に見積を行います)
後継経営者
アドバイザリサービス
​顧問

事業を引き継いだのがよいが 


・投資資金が固定されすぎて思った通りの投資ができない 
・会社の業務フロー、職務分掌、営業担当者等の内部組織が把握できない 
・事業別、得意先別、案件別の損益管理ができていない 
・自社の金利、資本コスト等のハードルレートがわからない
・事業計画や、資金繰り表が整備されていない。 
・このままじゃダメという事以外何もわからない状態

事業を承継した40代の経営者に多く聞かれるお悩みです。株式上場コンサルや中小企業の経営者として日夜、同年代の経営者と接する機会の多い所長の奥富がご自身のキャリアが発揮されずらいという二代目、三代目の経営者に対するアドバイザリを行っています。 

月額5万円(税抜)~(顧客の規模、業務の複雑性により別途お見積りを提示させて頂きます。)
※交通費別途請求
財務・税務DD

譲渡価額算定に直結する財務リスクについてデューデリジェンスを実施します。

 ★財務会計のプロである公認会計士が担当  
譲渡価額算定においては資産の実在性や、簿外負債の洗い出しが不可欠です。また適正な経営成績にを報告するための財務会計基準(≠税務会計基準)に損益計算書を修正しなければ、売り手企業の本来の収益性を把握する事はできません。更に買収後の組織変更や、業務の再構築等の影響も踏まえ株価算定に必要な情報を報告することにより買い手にとり有用な情報を提供します。上場企業、会社法上の会計監査や財務DDを専門とし豊富な経験を有する財務会計のプロである公認会計士が業務を担当します。

 ★業界法に定められた極めて高い守秘義務の遵守  
公認会計士は監督官庁である金融庁と自主規制団体である公認会計士協会により定められた守秘義務が課せられており、当該義務に反した場合には懲戒の要因になるなど厳重な運用がなされています。財務DDにおいて解除された範囲外の情報は必ず秘匿します。

50万円~(売り手企業の規模、複雑性により別途お見積りいたします) ※別途消費税、必要経費
売り手に対する
M&Aアドバイザリ

ご相談から最終契約までM&A全般をご支援します。 売り手経営者様の希望(価額、雇用の維持、経営者様の処遇、取引先との関係等)を伺い、真のM&Aの成功条件を共有します。 M&A交渉全般において、売り手経営者様のタッグパートナーとして常に情報を共有し、知恵を絞ることによりM&Aの成功(≠成約)を行います。 

成功報酬:譲渡価額の10%(最低手数料200万円(税抜))
 ※譲渡価額には、事業の引継ぎに伴い受領する退職金・配当金等を含めます。
 基本合意の際に中間報酬として成功報酬の内から20万円頂きます。